おそうじ

セスキ炭酸ソーダを使った五徳の簡単おそうじテクニック

すぐにベタつく五徳の油汚れ、デコボコして洗いにくいしゴシゴシこすってもなかなかきれいにならなくて困ったことはありませんか?セスキ炭酸ソーダをお湯に溶かして漬け置きすれば、簡単にスッキリきれいにすることができますよ。

QUESTION.1

五徳の名前の由来はなんでしょう?

正解!

正解!古来の日本では、かまどに「竈子(くどこ)」という丸い輪の下に脚が3本ついたものを使用していましたが、茶道が生まれた頃にくどこを従来とは逆さまに設置して脚を上にして使うようになったことがきっかけで、名前もまた逆さまに呼ばれるようになったとのことです。

不正解!

残念!古来の日本では、かまどに「竈子(くどこ)」という丸い輪の下に脚が3本ついたものを使用していましたが、茶道が生まれた頃にくどこを従来とは逆さまに設置して脚を上にして使うようになったことがきっかけで、名前もまた逆さまに呼ばれるようになったとのことです。

QUESTION.2

セスキ炭酸ソーダの「セスキ」とはなんでしょう?

正解!

正解!「セスキ」とは化学用語で「2分の3」を表す接頭語で、ラテン語に由来しています。セスキ炭酸ソーダは、重炭酸ソーダ(重曹)と炭酸ソーダがほぼ半分ずつ混ざった組織を持つため、「2分の3(1.5)の炭酸ソーダ」という意味でセスキ炭酸ソーダとなったそうです。

不正解!

残念!「セスキ」とは化学用語で「2分の3」を表す接頭語で、ラテン語に由来しています。セスキ炭酸ソーダは、重炭酸ソーダ(重曹)と炭酸ソーダがほぼ半分ずつ混ざった組織を持つため、「2分の3(1.5)の炭酸ソーダ」という意味でセスキ炭酸ソーダとなったそうです。

QUESTION.3

セスキ炭酸ソーダと重曹で共通している点はなんでしょう

正解!

正解!セスキ炭酸ソーダはpH9.8、重曹はpH8.2で共に弱アルカリ性です。セスキ炭酸ソーダは水に溶けやすいため研磨力はなく、洗濯に使って皮脂汚れを落とすことができますが、重曹は溶けにくいため研磨力に優れるものの洗濯には向きません。

不正解!

残念!セスキ炭酸ソーダはpH9.8、重曹はpH8.2で共に弱アルカリ性です。セスキ炭酸ソーダは水に溶けやすいため研磨力はなく、洗濯に使って皮脂汚れを落とすことができますが、重曹は溶けにくいため研磨力に優れるものの洗濯には向きません。

QUESTION.4

セスキ炭酸ソーダを使った洗濯に向いているものはどれでしょう?

正解!

正解!セスキ炭酸ソーダは血液などタンパク質の汚れ落としに効果を発揮します。血液の汚れを落とすときはお湯ではなく水を使用し、2時間から6時間ほど浸け置いて血液が浮いてきたら、よごれた部分をもみ洗いして落としましょう。

不正解!

残念!セスキ炭酸ソーダは血液などタンパク質の汚れ落としに効果を発揮します。血液の汚れを落とすときはお湯ではなく水を使用し、2時間から6時間ほど浸け置いて血液が浮いてきたら、よごれた部分をもみ洗いして落としましょう。

QUESTION.5

セスキ炭酸ソーダを溶かした水を加熱するとどうなるでしょう?

正解!

正解!セスキ炭酸ソーダは水に溶かして加熱すると、炭酸ソーダと重曹に分解され、最後には水、二酸化炭素、炭酸ソーダに分解されます。

不正解!

残念!セスキ炭酸ソーダは水に溶かして加熱すると、炭酸ソーダと重曹に分解され、最後には水、二酸化炭素、炭酸ソーダに分解されます。

あなたのお部屋はまさにシンプルホーム。丁寧な暮らしを心掛けていますね!透明感あふれる、シンプルな美しさが保たれていることでしょう! あなたのお部屋はしっかり磨かれ整理されたシンプルなお部屋。暮らしへの気遣いが感じられます!少しインテリアでも遊んでみましょう! あなたのお部屋はもっと磨ける進化の途中。きっともっとシンプルで美しいお部屋に変えられるはず! あなたのお部屋はまだまだお片付け初心者です。ほんの少しの整理整頓・インテリアの工夫で驚くほど見違えるはず! あなたのお部屋はこれから磨かれるはず!シンプルホームを実現するためにも、まずは断捨離をしてお部屋をスッキリさせましょう♪ あなたのお部屋はダイヤの原石!まず生活スタイルを見直し、シンプルホームへ踏み出しましょう!